夏服メンズファッション

夏服メンズファッションで、ゴミにならずに活用できるクオリティーで安いのにかっこいいネット通販ショップを厳選して4ショップ紹介しています。ネット通販ショップって沢山ありすぎて迷ってしまうという貴方は必見ですよ^^

 

安くてかっこいいと評判のジギーズショップをみてみる

 

 

夏服メンズファッション全開、短パン、ハーフパンツスタイル

 

夏服メンズファッションの定番である短パン、ハーフパンツ。しっかり着こなせていれば、カッコ良さ倍増なのですが、少し失敗すると、オシャレどころか逆に見る人に不快感を与える服装になってしまうことがあると思います。私は、男性には膝小僧が見えてしまうような、短めのズボンはあまり履いてもらいたくないと思っています。膝が隠れる長さが私の中の許容範囲です。短パン、ハーフパンツを履くなら、上はカジュアルなTシャツ、カラフルな色合いのポロシャツなどが合うのかな〜と思います。短パン、ハーフパンツはどうしても、カジュアルなイメージが先立ってしまうので、上もカジュアルな服装で揃える方がバランス良く見えます。人それぞれ体型もあり、太め体型の人はあまり露出度が高いファッションは見苦しいところがあると思うので、丈が長めのパンツを履き、Tシャツの上にブラウスなどを重ね着して、露出しすぎない工夫も必要かと思われます。

 

逆に夏服メンズファッションで、ガリガリ体型の人もあまり露出しすぎない方が無難かと思います。露出というと、見せパンが流行った時期がありましたが、あれは私から見ると見苦しいだけでした。見せパンと言いつつも、下着であることは変わりないので、あまり見せるべきではないと思うし、彼氏、旦那には絶対してほしくないです。夏服メンズファッションの短パンスタイルは組み合わせにより、涼しげだったり、クールさを演出することが出来るので、良いと思うが、ハードルの高いファッションであることは確かだと思います。また短パンやハーフパンツから見える足の毛の処理も必要になってきます。剃りすぎても、毛が濃すぎるのもNG。脛毛の処理に気を配り、露出しすぎない!これに気をつけることが出来れば、夏服メンズファッションで短パン、ハーフパンツスタイルは夏のファッションとして凄く良いと思います^^

夏服メンズファッション!厳選ショップを口コミレビューのスペックでランキング♪

SPUTNICKS(スプートニクス)

 

 

 

夏服メンズファッションで、暑いからと言ってノースリーブはなし

 

真夏になると街中でたまに見かけるノースリーブのTシャツを着た男性。あれ、正直言って苦手です。夏服メンズファッション・・・暑いから、タンクトップ、ノースリーブというのは、農作業している方など力仕事をしている方の仕事着としてなら理解できるのですが。あとは、もう高齢のおじいちゃんがタンクトップを着てらっしゃるのは、”暑いんだな”と違和感もなく見れるのですが、年配のおじいちゃんでもないのに着ていると、オシャレを完全に投げてるようにしか見えません。

 

大人のノースリーブというのは、ダボダボでサイズに余裕があると”若者でもあるまいしだらしない”という印象を与えますし、逆にサイズがピッタリでも”ピチっとしていて見てられない”、”中年体型が目立ちやすくて見てられない”という気持ちにさせます。しっかりと身体を鍛えている筋肉質な人が来ていても、それはそれで”気持ち悪い”、”筋肉見せたいナルシスト”のように見えてしまい、結局誰が来ていても良い点が発見できませんし、ちょっと柄が悪いというか・・・。”元ヤン!?”って思ってしまいます。

 

そこで、彼氏に着て欲しいのは断然Tシャツもちろん袖アリです。Tシャツも首がV字になっているものはNG。学生さんの部活動帰りじゃあるまいし普通のTシャツが一番似合う年齢になったな、と見ていて思うこのごろです。色味も、もう少し若い時は、ピンクや黄緑など割とビビッドなものが好きでよく購入していた旦那ですが、年齢と共に落ち着きのある色味、モノトーンやアースカラーを購入することが増えました。見ていても、その方がしっくりと着て素敵に見えます。注意しているのは、素材感で、安いTシャツは避けるようになりました。値段と素材感は多くの場合比例するので、オーソドックスなTシャツだからこそちょっと上質なもので、サイズが合うものを選んで着こなして欲しいです。

 

 

MENS-STYLE(メンズスタイル)

 

 

 

夏服メンズファッション、場所をわきまえないサンダルファッションはダサイ!

 

真夏になると素足しサンダルの男性が多くなります。もちろんその辺に行くようなダサイサンダルではなく、それなりのブランドでお値段もそこそこのサンダルが沢山お店に並びます。素足にサンダルを履くとき、パンツはジーンズだったり、ショートパンツだったり、イージーな綿素材のものだったりサンダルに合うリゾートっぽいデザインのものが多いはずです。Tシャツやアロハシャツ、麻シャツなどトップスもリゾートっぽい涼しげなものと一緒に合わすことでしょう。サンダルファッションを上手く着こなすのはとても難しいと私は思っています。仕事やオンのときの着こなしがきちんとできている人はオフのときもきちんと着こなせていることが多いでしょう。でも、仕事や、オンのとき間違った着こなしをしている人はオフの時のファッションもどこかおかしいように思います。

 

簡単なようで難しいのが夏のサンダルファッションです。膝の出たジーンズにサンダル、微妙な丈のショートパンツにサンダル、ジャージにサンダル、ゴムのイージーパンツにサンダル等々……。いかにもその辺をうろつくようなパンツにサンダルを合わせると途端に安っぽく、その人のファッションセンスのなさが浮き彫りになってくるのです。いくら、「このサンダル○○ブランドでン万円したんだ!」と言われても良さが消えてしまいます。何年か前から男性のサンダルファッションが流行ったいますが、サンダルファッションは一歩間違うととてもダサくなってしまいます。急にちょっと改まった場所で食事をする事になった時など、いくら高いブランドモノのサンダルでも、サンダル履きはNGなところもありますからね。そんな意味でも、夏のサンダルファッションはとても気をつけなくてはならないと思います。出来れば、デニムにデッキシューズや、モカシンなどカジュアルだけどどのアイテムにも、どの場所にも対応できるものの方が私は好きです。

 

 

JIGGYS SHOP(ジギーズショップ)

 

 

東京発の少し大人っぽい手頃な価格のセレクトショップならココ!

東京発の少し大人っぽいカジュアルなら、インフォアブソをみてみる

 

 

夏らしい明るい色合いと、軽やかな着こなしがカッコイイ!!

 

私がカッコいいと感じる夏服メンズファッションは、「爽やかな明るい色」で「軽やかさを感じる」ものです。やっぱり、最初に目で見て印象づけられるのは「色」。冬を引きずった重たい色よりも、春夏の日差しみたいに明るく爽やかな色であってほしいです。女性では、パステルカラーを取り入れて春を演出する人が多いと思いますが、男性でもどんどん取り入れてくれていいと思います!春らしいピンクや水色、ミントグリーンなどの色もパステルカラーであれば、男性でも恥ずかしがらず取り入れやすいのではないでしょうか。また、ホワイトも爽やかさを引き立ててくれるカラーです。無地のグレーのTシャツなどに、パステルカラーのシャツをはおり、昨年から流行しているホワイトデニムを履いたスタイルは王道ですが、すごく素敵だと思います。

 

そして夏服メンズファッション、夏らしさを感じさせてくれる要素として大切なもう一つのポイントは「軽やかさ」です。軽やかさというと、服の素材感と袖や裾の丈などが考えられます。素材感は、コットンやリネン、デニムなどの素材の服をみると「春だなあ」って感じがし、ウキウキします(笑)。丈は、シャツを羽織ったスタイルならば、袖をまくって七分丈にするだけで、グッと印象が軽やかになるし、ボトムスも足首が見える半端丈を履くことで、春らしさがアップすると思います。反対に、私が「うーん」と思う春ファッションは、ズバリ「季節感がない服装」。要するに「カッコいい」と思うファッションの逆をいくファッションです。

 

例えば、春夏なのに濃い緑や紺などの暗ーい色のネルシャツを着用しているとか、コーデュロイのボトムスを履いているとか。ボア素材やフリースなどのモコモコした服も一気に冬らしさが出て、季節感とマッチしないのでやめてほしい。肌寒ければパーカーやカーディガンスタイルで調整してほしいです。結局、どんな服も本人に似合っていれば素敵なんだと思います。だけど、やっぱり季節感とTPOにマッチした夏服メンズファッションは意識してほしいですね。個人的には、Tシャツにデニム(ロールアップして)などのシンプルなスタイルが好きです。このスタイルは王道だけど、だからこそ腰にチェックシャツを巻いてもおしゃれだし、上をパーカーや夏ブルゾンを軽く合わせることで印象を変えて遊ぶことができて、楽しいと思います。